7/8 【電子オルガン】公開レッスン プログラムのご案内

 

2010年6月の記事一覧 : 音楽科

7月8日(木)に行います、渡辺睦樹先生による電子オルガン公開レッスンのプログラムをお知らせします。

下記3名が受講します。聴講の際のご参考にしていただければ幸いです。



7月8日(木) 常葉学園短期大学音楽科 電子オルガン公開レッスン


16:20~17:50 常葉短大オレンジホール


1.『ペールギュント組曲』より「朝」
作曲者:E.グリーグ、編曲者:渡辺睦樹
川崎千穂(本科2年)



2.『マ・メール・ロワ』より「妖精の園」
作曲:M.Ravel、編曲:渡辺睦樹
小川麻美(本科2年)



3.『スパルタクス』第1組曲より「エギナのヴァリエーションとバッカナール」

作曲:A.ハチャトゥリヤン、編曲:井上加奈子
井上加奈子(専攻科1年)

来週、7月8日(木)に開催が近づいてきました、電子オルガン公開レッスンの詳細をご案内いたします。公共交通機関をお使いいただき、是非多くの方々のご来場をお待ちしています。入場無料です。

  
講師:渡辺睦樹先生(エレクトーンプレイヤー)

日時:2010年6月24日(木)16:20~17:50

会場:常葉学園短期大学オレンジホール(入場無料)

  
※曲目、受講生名はこちらをご参照ください。
  
[ 渡辺睦樹先生 プロフィール]
5歳よりエレクトーンを始める。6歳より「ヤマハジュニアオリジナルコンサート」に参加、国内外数多くのコンサートに出演。名古屋大学在学中に日本代表として出場した「インターナショナルエレクトーンフェスティバル’88(パリ)」で最優秀賞受賞。その後本格的な演奏活動を開始、1992年名古屋、1994年名古屋・金沢にてリサイタルを開催。 1995年には東京室内歌劇場公演<戦後50年記念>オペラ「ヒロシマのオルフェ」(指揮:若杉弘、作曲: 芥川也寸志)にて演奏を担当。1995年~1998年渡独、ハンブルク・コンセルヴァトリウム、ハンブルク音楽大学に留学。作曲理論をD.アインフェルト、ピアノをH.E.シュミッツ、M.バイセンヒルツ、声楽伴奏をU.ヴェーグナーの各氏に師事。 1999年 帰国、全国7都市でリサイタル開催。同年「エレクトーン誕生40周年記念galaコンサート」出演(全国10会場)。2000年には電子オルガン界から初めて東京オペラシティ・リサイタルシリーズ『B→C』に出演。バッハからコンテンポラリーまで幅広い作品に挑んだ意欲的なプログラムと熱演が好評を博す。
2002年台湾にてコンサート(3会場)、及び講座を行う。2005年愛知万博「世界のプリマ―草刈民代『愛と祈り』を舞う星降る夜のパ・ド・ドゥ」にてバイオリンの磯絵里子氏とともに演奏を担当。2008年「春夏秋冬 –LE STAGIONI-」リサイタル・ツアー(東京・名古屋・大阪)。2002年2月ビクターエンタテインメントよりデビューアルバム「トロイメライ」発売後、現在までにアルバム5枚をリリース。最新作は、2008年10月にリリースした「春夏秋冬 –LE STAGIONI-」。確かな音楽性に支えられた演奏表現力と豊かな感性による作品解釈は、常に高い評価を得ており、名実ともにエレクトーン界でのクラシック演奏第一人者として活躍中。

公開レッスン(声楽)延期のお知らせ

6月24日(木)に予定されておりました、伊藤京子先生をお迎えしての公開レッスンは、都合により、延期させていただくこととなりました。
今後の予定につきましては、ホームページ等にて改めてお知らせいたします。
 
常葉学園短期大学音楽科

http://www.tokoha-jc.ac.jp/

問合せ先:s-ongaku@tokoha-jc.ac.jp

054-261-1455

来週、6月24日に開催が近づいてきました、声楽の公開レッスンの詳細をご案内いたします。公共交通機関をお使いいただき、是非多くの方々のご来場をお待ちしています。入場は無料です。
  
講師:伊藤京子先生
日時:2010年6月24日(木)16:20~17:50
会場:常葉学園短期大学オレンジホール(入場無料)
  
西川 千尋(本科1年)ピアノ伴奏:工藤和音(本科1年)
A. Scalatti / A.スカルラッティ(作曲) S.Stampighia(作詞)
『Se tu della mia morte / 貴女が私の死の栄光を』
  
鈴木 理子(本科2年)ピアノ伴奏:田上真衣(本科2年)
W.A.Mozrt / W.A.モーツアルト
Opera『Cosi Fan tutte』~ Aria 《Una donna a quindici anni》~
歌劇『コシ・ファン・トゥッテ』より ~アリア《女も十五になれば》~
  
廣木 悠代(専攻科1年)ピアノ伴奏:杉本麻実(専攻科1年)
山田耕筰(作曲)三木露風(作詩)
『風に寄せてうたへる春のうた』より ~青き臥床をわれ飾る~
畑中良輔(作曲)八木重吉(作詩)
『五つの歌』より ~秋の空〜
  
静岡県掛川市出身。1949年、NHK交響楽団演奏会ベートーヴェンの『フィデリオ』マルチェリーナ役でデビュー。1951年『トューランドット』リューでオペラデビュー。以後、『フィガロの結婚』『魔笛』『リゴレット』『椿姫』『蝶々夫人』『こうもり』『夕鶴』など多数のオペラの主役を歌う。又、日本歌曲のスペシャリストとして高い評価を受けている。1963,1970, 毎日芸術賞、1968,芸術撰奨文部大臣賞、1988,紫綬褒章、1989,日本芸術院賞、1995年日本芸術院会員となる。静岡国際オペラコンクール審査委員長。日本演奏連盟理事長。国立音楽大学名誉教授。元 常葉学園短期大学客員教授。




このページの先頭へ