9/16-17 ツアーコンダクター研修報告

 

2010年10月の記事一覧 : 英語英文科

    「ツアーコンダクター研修」とは、「旅程管理主任者」資格につながる講義の一つです。受講者はツアーコンダクターとして、旅行の日程やルートをあらかじめ計画し、バスの添乗員もしながら参加者を目的地に案内します。今年度は、しかるべき準備期間の後、東京ディズニーリゾートを目的地として、9/16(木)~9/17(金)に研修を実施しました。以下、受講生の報告をお読みください。

——————————————————————

    あなたの旅の楽しみは何ですか? 旅行の計画を立てること、笑顔が溢れるバス内の会話、カメラを片手に観る風景、旬の美味しい食事、迷ってしまうお土産選び、疲れを癒す宿・・・。 今回、私たちは様々な思いを抱いて参加するお客様のために、近畿日本ツーリストの先生の指導のもとツアーコンダクターについて学びました。

    1日目の東京ディズニーシーでは、ハロウィーンの装飾で秋を満喫しました。お客様の視点に立ち、どのようにすれば喜ばれるのかを考え行動するのはとても大変なことです。朝の挨拶からはじまり、交通状況の確認、チケットの管理、ホテルの案内など、実際に体験しなければわからない『楽しみの裏側』にある苦労を体験することができました。研修の合間には、美味しいポップコーンを片手にスリル満点なアトラクションを楽しみ、可愛いキャラクターに癒されました。

    2日目の原宿・横浜では、店の情報や地図案内を提供し、原宿と横浜についてプレゼンテーションを行いました。この日のツアーはお客様の年齢や性別を考え企画しました。手頃な価格が魅力のファッションの街『原宿』、食べ歩きが魅力の『横浜中華街』、港町の散歩なら『横浜みなとみらい』、皆それぞれの時間を楽しんでいました。天気も良く横浜の赤レンガ倉庫や観覧車がとても綺麗で、たくさんの思い出もお土産になりました。

    ツアーコンダクターを一言で表すと“縁の下の力持ち”だと思います。安心・安全・準備が『楽しい』に繋がるのだと思います。私たちが普段の旅行を楽しく過ごせるのは旅行会社さんの支えがあるからです。約5カ月間 旅行業界について学び、自分たちで企画をして、それを実践する大変さと楽しさを教えていただきました。指導してくださった旅行会社の先生、英文科の先生、参加してくださったお客様にこの場をお借りしてお礼を申し上げます。ありがとうございました!

文責:勝又結美(英語英文科2年生)



このページの先頭へ