2011年3月の記事一覧 :

3月26日(土)の午後より、音楽科・専攻科音楽専攻の在学生、並びに卒業生・修了生有志が、東日本関東大震災へ義援金を送るため、静岡市中心部にて、チャリティーコンサートによる募金活動を行いました。
 
皆様から合計80,740円のご浄財をお寄せ頂き、早速、中央共同募金会を通して寄付させていただきました。

3/26(土)に行われる、春のオープンキャンパスは予定どおり開催します。
受付は12:30、スタートは13:00からとなります。
地域によっては、計画停電の影響等により、車で保護者の方とご一緒にお越しになる方もおられると思いますが、恐縮ですが学校及び学校周辺には駐車場がありません。東部方面から来られる方はJR草薙駅周辺の駐車場(市営駐車場等もあります)に車を停めていただき、学校にはJR草薙駅前から路線バス(しずてつジャストライン草薙瀬名新田線で約15分、常葉短大入口下車徒歩約6分)でご来場いただければと思います。

多くの皆様のご来場をお待ちしております。

現在、東北関東大震災に伴う計画停電および交通機関(特に電車)の運休等が行われていますが、既に皆様にお知らせした4月1日からのオリエンテーション等の日程に、今のところ変更はありません。予定通り実施します。なお、新年度からの通学に関して、特に富士川以東にお住まいの皆さんで、不安なことや問題が予想される場合は、下記のとおり事前にご相談ください。

問合せ先:常葉学園短期大学 教務課

問合せ先:☎054-261-1313 午前9時~午後4時30分

問合せ期間:平成23年3月22日(火)~3月29日(火)

3月16日(水)の卒業式会場において、東北関東大震災への義援金募金活動行いました。
皆様から合計148,665円のご浄財をお寄せ頂き、
早速、静岡新聞社・静岡放送 企画事業局を通して寄付させていただきました。

 ひときわ厳しかった寒気がいつの間にかスギ花粉を運ぶ春風(しゅんぷう)となり、桜のつぼみを開かせようとしています。本日ここに、常葉学園短期大学第四十四回卒業式並びに第四十一回修了式を挙行するにあたり、私から告辞を申し述べます。

 皆さん、卒業、修了おめでとうございます。そして、今日までお子様を手塩にかけてお育てになられた保護者の皆様にも、心よりお祝いを申し上げます。また、公私ご多忙中にもかかわらず、多数のご来賓をはじめ、関係各位のご臨席を賜り、衷心より厚く御礼申し上げます。

 本日ただ今、日本語日本文学科六十五名、英語英文科五十七名、保育科二百十五名、音楽科五十名、本科合計三百八十七名に、卒業証書および短期大学士の学位記を、そして、専攻科国語国文専攻九名、保育専攻九名、音楽専攻二十三名、専攻科合計四十一名に修了証書を、さらに、国語国文専攻六名、保育専攻九名、音楽専攻二十二名、合計三十七名に学士の学位記を授与いたしました。したがって、平成二二年度は、総数四百二十八名の卒業生と修了生を世に送り出すことができます。ここに至るまで様々な障害を乗り越えてきたことに思いを致すとき、万感迫るものがあり、言葉では言い尽くせない喜びを感じています。

 さて、皆さんが過ごしてこられたこの二年間あるいは四年間は、どのような時代だったでしょうか。ざっと、振り返ってみることにします。

 二〇〇七年八月、米国(あめりか)のサブプライムローンの焦げ付きが急増し、米国(あめりか)株式市場の暴落に始まり世界同時株安、さらには世界中に金融危機をもたらしました。二〇〇八年、秋葉原の歩行者天国で、また、大阪の個室ビデオ店などで無差別殺人事件が続発、加害者はいずれも「誰でもよかった」という言葉を吐き、絆が失われた社会を浮き彫りにしました。二〇〇九年八月、衆議院議員選挙で民主党が圧勝し、政権交代が実現、戦後政治を一貫して担ってきた自民党による政治が終焉しました。

 このように、皆さんが本学に在籍している間に、今までの国家や社会の秩序が崩壊し、確固たる社会の価値観が危うくなり、不安と不信が増殖した時代に突入したと思います。この時代の流れは、皆さんの生活と決して無関係ではなく、たとえば家計のやり繰りや就職状況に暗い影を落としています。

 しかし、皆さん。だからといって、自分の将来を悲観している暇(いとま)はありません。これからの日本社会を築いていくのは、他ならぬ皆さんのような若い世代だからです。昭和世代が築き上げてきた戦後のあり方をそのまま継承するだけでは最早やっていけないのです。「今までこうしてきたから、こうします」という前例主義がだんだん通用しなくなってきています。グローバル化した世界の中で、皆さんは、自ら新しい価値観を生み出し、活力ある日本社会を築いていかなければなりません。

 不透明な時代は明確なロードマップがなく、どのように生きていったらよいのか誰しも思い悩み、大きな不安を抱えます。このとき、私たちはどうすればよいのでしょうか。

 第一に、「ご縁を大切にすること」です。言うまでもありませんが、人は一人では生きていけません。社会の中で大勢の人の力を借りてはじめて生きていけるのです。ところが、最近はこのことが怪しくなっています。俗に言う「無縁社会」の到来です。皆さんは、自宅の隣にどういう人が住んでいるか承知していますか。皆さんは、他人(ひと)と交わることが面倒くさくて自分だけで過ごしていませんか。皆さんは、親や兄弟に迷惑をかけられないと強く思っていませんか。どれも思い当たる人は、晩年孤独な生活を強いられるかもしれません。戦後、私たちは個人の尊厳を基本的な価値観として、一面では快適な生活を送ることができるようになりました。確かに、他人(ひと)と関わることは、価値観の衝突を招き、自分の思い通りにはいかないものです。そのために、私たちは個人の尊厳を旗印に近所付き合いを面倒くさがり、他人(ひと)と真剣に向き合うことを遠ざけてきたのではないでしょうか。

 私たちは、一生懸命勉強すれば多様な知識を豊富に獲得することができます。しかし、自分だけではなかなか知恵を身に付けることは困難です。知恵を身につけるためには、また創造的な活動をするためには、さまざまな社会経験と他人との関わりの中で自分を人間的に成長させることが必要です。不透明な時代を生きていくためには、知恵やオリジナリティが必要であり、そのためには他人(ひと)とのご縁を大切にしていただきたいと思います。

 第二に、不透明な時代を生きていくためには、「過去の経験に囚われないこと」です。言うまでもなく、安定している時代には、過去の経験を踏襲すれば一定の成果が得られる可能性は高いでしょう。しかし、今は不透明な時代なのです。今までのやり方が通用するとは限りません。いや、ほとんど通用しないと思ったほうがよいでしょう。それではどうすればよいのでしょうか。

 明確な答えが用意されているわけではありませんが、私なりの考え方をお伝えしたいと思います。それは、『夢を叶える方法』です。このメッセージは学長室の前に半年も前から掲示しているので知っている人もいるでしょうが、改めてお伝えします。

 夢を抱く人は大勢いますが、どうすれば夢を叶えることができるかを考える人は意外に少ないものです。

 普通の人は、過去の経験に縛られます。せっかく夢を抱きながら、自分の過去の経験からアプローチするため、自分にはできないとあっさり諦めてしまうことが多いのではないでしょうか。 しかし、夢は過去に縛られたら叶えることができません。未来志向で考えましょう。夢を叶えた自分をイメージするのです。そこから何をすべきかを逆に考えるのです。奇跡を起こす人は、まちがいなく未来志向の人だと私は確信しています。

 第三に、不透明な時代を生きていくためには、「早く結論を求めないこと」です。今の日本社会はいわゆる成熟社会であり、社会基盤は一応整備されているといえます。だからこそ、人間が幸福になるために何をすべきかが極めてむずかしいのです。昔のように、整備されていないことをやればよいという簡単な話ではありません。つまり、何をすべきか、なかなか結論が出てこないのです。

 このことは社会一般に限らず、個人の人生のあり方についてもいえると思います。戦後間もない物資欠乏のときは、家計を豊かにすることがすべての日本人にとって幸福の条件でした。しかし、今日の不透明な時代は、すべての人に共通の課題を見出しがたく、自分が幸福になるために何をすべきかを、各自が試行錯誤しながら考えなければなりません。

 だから、焦ってはいけないのです。皆さんの中には、希望通り就職できた人もいれば、未だ就職先が決まっていない人もいます。それどころか、自分の進むべき方向が定まらず、思うように就活すら十分できないままに本日を迎えた人もいることでしょう。いずれの人も、今のこの時点で、自分が幸福か不幸かの結論を出してはいけません。この不透明な時代では、将来の予測は極めて困難であり、皆さんの人生も同じだと思ってください。今成果が出ているからといって将来を楽観してはいけません。油断大敵です。逆に、今恵まれていないからといって、将来を悲観することはありません。成果が出るまで、諦めることなく、前向きに明るく頑張ってほしいと思います。人生は、二十歳(はたち)そこそこで結論が出るほど楽なものではありません。

 最後に、はなむけの言葉を皆さんに贈ります。それは、「ありがとう」という平凡な言葉です。しかし、私が知る言葉の中でこれ以上の言葉を見つけることはできません。偉大な人も含めて人間は、広大な宇宙に比べれば、極めてちっぽけな存在です。宇宙の歴史から見れば、百歳まで生きた長寿の人の命ですらほんの一瞬に過ぎません。私たちがいくら精一杯生きていると思っていても、大したことではないのです。すべては、自分以外のすべてのものから恩恵を受けて生かされていると言ったほうが正確でしょう。

 ですから、「ありがとう」なのです。人生が上手くいっているからといって、尊大になってはいけません。人生が上手くいっているのは、自分の努力だけではないからです。

 「ありがとう」という言葉は、自分に対する謙虚さと他人(ひと)に対する優しさを意味すると私は考えています。私は毎日、少し恥ずかしいのですが、鏡に向かって、「ありがとう」と言って自宅を出ることにしています。そうすると、自分の心から雑念や欲得が消えて無心になることができます。少々寝不足のときでも清々しい気持ちになります。「ありがとう」は実に不思議な言葉だと思います。

 お名残は尽きませんが、いよいよお別れのときがまいりました。いつか、どこかで皆さんと再会することがあるかもしれません。そのときには、社会人同士対等な関係です。お互い笑顔で「やぁ」と言葉を交わしましょう。皆さんの将来が心豊かで幸多かれんことを心よりお祈りしつつ、お別れいたします。ごきげんよう、さようなら。
 

平成二十三年三月十六日

常葉学園短期大学

学長 木宮岳志(きみや たけし)

2018年4月 2018年3月 2018年2月 2018年1月 2017年12月 2017年11月 2017年10月 2017年9月 2017年8月 2017年7月 2017年6月 2017年5月 2017年4月 2017年3月 2017年2月 2017年1月 2016年12月 2016年11月 2016年10月 2016年9月 2016年8月 2016年7月 2016年6月 2016年5月 2016年4月 2016年3月 2016年2月 2016年1月 2015年12月 2015年11月 2015年10月 2015年9月 2015年8月 2015年7月 2015年6月 2015年5月 2015年4月 2015年3月 2015年2月 2015年1月 2014年12月 2014年11月 2014年10月 2014年9月 2014年8月 2014年7月 2014年6月 2014年5月 2014年4月 2014年3月 2014年2月 2014年1月 2013年12月 2013年11月 2013年10月 2013年9月 2013年8月 2013年7月 2013年6月 2013年5月 2013年4月 2013年3月 2013年2月 2013年1月 2012年12月 2012年11月 2012年10月 2012年9月 2012年8月 2012年7月 2012年6月 2012年5月 2012年4月 2012年3月 2012年2月 2012年1月 2011年12月 2011年11月 2011年10月 2011年9月 2011年8月 2011年7月 2011年6月 2011年5月 2011年4月 2011年3月 2011年2月 2011年1月 2010年12月 2010年11月 2010年10月 2010年9月 2010年8月 2010年7月 2010年6月 2010年5月 2010年4月 2010年3月 2010年2月 2010年1月 2009年12月 2009年11月 2009年10月 2009年9月 2009年8月 2009年7月 2009年6月 2009年5月 2009年4月 2009年3月 2009年2月 2009年1月 2008年12月 2008年11月 2008年10月 2008年6月 2008年4月 2007年12月 2007年7月 2007年6月 2007年4月 2006年11月 2006年9月 2006年7月 2006年5月 2006年4月 2005年12月 2005年8月 2005年3月



このページの先頭へ