授業科目

 保育科では教養科目に加え、様々な専門科目について学びます。専門科目は、教育・保育系、心理系、福祉系、健康系・表現系の領域と実習関係に分かれます。保育科に入学すると、これらの領域をバランス良く学んでいくことが求められます。

教育・保育系

保育系の授業では「保育とは何か」ということを学びます。内容としては、先人たちの保育思想、保育の具体的内容、そして、現在 進行中の保育現場の動きに 至るまで広範囲のことを学んでいきます。その中には実際に保育の場で子どもと触れ合い、その体験をもとに進めていく授業もあり、それらの生きた学びをもと に保育の根幹とも言える自分の保育観を築くことを目指しています。

科目一覧

子ども学概論 保育・教職実践演習
(幼稚園)
保育ゼミナール  
保育原理 保育課程総論 保育方法論 保育内容総論
保育内容研究Ⅱ
(人間関係)
保育内容研究Ⅲ
(環境)
保育内容研究Ⅳ
(ことば)
乳児保育
教育原理 幼児教育者論 生活 国語
モンテッソーリ教育概論 モンテッソーリ・
メッソードⅠ
モンテッソーリ・
メッソードⅡ
子どもの文化と生活

心理系

心理学系の授業では、保育者に必要とされる子どもの発達についてまず学習します。そして、子どもの発達の理解をもとに、どのような教育を組み立てていくの か。また、通常の発達過程とは異なった道筋を歩む子どもをどう理解し関わっていくのか。それを理解するために、教育心理学やカウンセリング、障害児保育に ついて学びます。また、もっと心理学を学びたい人のために、選択科目として、心理学の実験法や検査法を専門的に学ぶ科目や遊びや発達理論に特化した科目も 用意されています。

保育の心理学Ⅰ 保育の心理学Ⅱ カウンセリングⅠ カウンセリングⅡ
子どもの遊びと発達A 子どもの遊びと発達B 障害児保育  

福祉系

福祉とは、一般的に「社会的に弱い立場にある人々に対する援助」とされますが、もともと“幸福”という意味です。福祉に対応する英語のWelfareも同 様に、“よい状態”を表しています。そこで社会福祉系の授業では、保育者という立場から、子どもたちの「幸せ」「よりよい状態」に対して、どう貢献できう るのか。そして、少子高齢化が進行する現代社会において、これからの社会福祉は何を目指そうとしているのか、といった大きなテーマを理論的かつ実践的に考 えていきます。また、より具体的な問題に取り組みたい人のために、福祉政策や地域での子育て支援などのテーマを個別化した選択科目が用意されています。

社会福祉 児童家庭福祉 相談援助 福祉政策と子ども
社会的養護 社会的養護内容 保育相談支援 地域福祉論
家庭支援論 児童館の機能と運営 子どもの家庭と暮らしA 子どもの家庭と暮らしB

健康系

子どもの保健Ⅰ 子どもの保健Ⅱ 子どもの食と栄養
子どもの運動あそび 保育内容研究Ⅰ(健康) 体育Ⅰ 体育Ⅱ
子どものフィールドワーク レクリエーション論 レクリエーション援助法

表現系

音楽Ⅰ 音楽Ⅱ 子どもの音楽 ピアノ技法 器楽
図画工作Ⅰ 図画工作Ⅱ 子どもの造形 保育内容研究Ⅴ(表現A) 保育内容研究Ⅴ(表現B)

実習系

保育士・幼稚園教諭になるためには、多くの現場実習を行う必要があります。実習を通し、授業で学んだことを実際に体験して、保育者としてさらに成長することができます。

保育実習指導Ⅰ 保育実習指導Ⅱ・Ⅲ  
保育実習Ⅰ
(保育所・児童福祉施設)
教育実習(幼稚園) 保育実習Ⅱ(保育所)
またはⅢ(児童福祉施設)

学生の履修例

○ 幼稚園教諭二種免許状と保育士資格同時取得希望者の履修例(1年生)

1 教育原理 英語圏の文化と言葉A 子ども学概論 保育内容研究Ⅴ
(表現A)
 
2 子どもの運動あそび 音楽Ⅰ スポーツA 情報とコンピュータⅠ 社会的養護
3 社会福祉 ライフデザイン
総合セミナー
乳児保育 図画工作Ⅰ ピアノ技法
4 保育方法論 保育原理 保育の心理学Ⅰ   子どもの保健Ⅰ
5 行動と心理
集中講義  

1 幼児教育者論 保育実習指導Ⅰ 乳児保育 子どもの音楽 保育内容総論
2 保育課程総論 英語圏の文化と言葉A 体育Ⅰ 保育の心理学Ⅱ 児童家庭福祉
3 くらしと日本の憲法 ライフデザイン
総合セミナー
社会的養護内容 保育内容研究Ⅴ
(表現A)
ピアノ技法
4 子どもの造形     情報とコンピュータⅡ 子どもの保健Ⅰ
5 くらしと科学
集中講義 教育実習・保育実習

○ 幼稚園教諭二種免許状と保育士資格同時取得希望者の履修例(2年生)

1 器楽 教育実習 カウンセリングⅠ 保育内容研究Ⅴ(表現) 小児栄養
2 子どもの造形A 社会福祉援助技術 障害児保育 小児保健実習
3 子どもの運動遊びA ライフデザイン総合セミナー 保育内容研究Ⅰ(健康) 保育内容研究Ⅲ(環境) 子どもの遊びと発達A
4 保育内容研究Ⅳ(ことば) 保育内容研究Ⅱ(人間関係) 子どもの家庭と暮らしA
5  
集中講義  

1 子どもの文化と生活B 保育実習 小児栄養 福祉政策と子ども
2 器楽 教育実習 家族援助論 カウンセリングⅡ
3 子どもの音楽B ライフデザイン総合セミナー 運動と健康 子どもの造形B
4 保育・教職実践演習(幼稚園) 社会福祉援助技術 スポーツB
5  
集中講義