ニュース

RSS
2017.11.07
入学前教育説明会の開催について
2017.09.01
明日(9/2)入試サポート講座を開きます
2017.06.13
7/9(日)日文科BOOKクルーズ 参加者募集中

日本語日本文学科では、平成29年度入学生をもって教職課程(中学校教諭二種免許状「国語」)を廃止します。 このため、平成30年度以降の入学生は教員免許状の取得はできません。

  どのような自分になりたいですか。 どのような理解力や表現力をもった自分になりたいですか。 そこに至るためには、何が必要ですか。 どのような道筋を辿っていけばいいのでしょうか。 自分の物語=ストーリーを描いてみましょう。

 

 日本語日本文学科では、繊細で美しく、かつ精密で機能的な日本語による表現を、さまざまな分野・視点から取り上げています。高校までの国語を基礎とするなら、これはその応用編。そこに自分にふさわしいテーマを感じとり、興味の持てる授業を配役=キャストとして選んでいくことで、あなただけの物語を具体化できます。

 

 たとえば図書館実習という科目を新たに導入しました。本が好き、本に関わる仕事がしたい。そんな「やる気」をバネに、自分の未来を本気で実現していくステージが、ここにあります。

 

日本語と日本文学を専門に学べる県内唯一の科

日本文学1

日本語を大切にしたい。日本文学の世界を深く知りたい。そんな思いに正面から向かい合うのが日本語日本文学科です。もっともらしい言い方で何かが出来そうなつもりになるのではなく、正攻法で日本の文化に対する関心を掘り下げていくことで、未来に活用できる本物の日本語力を身に付けていきます。



「好き」を「力」に変える独自のカリキュラム

カリキュラム1

本科ではユニット制という独自のカリキュラムをとっています。漠然と好きな科目を選ぶのではなく、さまざまな「好き」を有機的に結びつけていくため、5つのテーマを示し、キャスト・アイテムという科目群を用意しました。これらを楽しみながら組み合わせていくことで、力のつく二年間が送れます。



「自主独行」をモットーとした密度の濃い二年間

自主独行1自主独行2

日本語日本文学科での二年間は、あなたの希望をかなえるオーダーメードの一点もの。だからこそ、自分で考えて自分で行動を起こす「自主独行」の精神を大切にしています。他人まかせでなく、みずから進んで学ぶ姿勢を身につけていく中で、現代人にとって必須のコミュニケーション能力も自然に備わっていきます。