2016.3.15公開

日文科エキシビションのご案内

日本語日本文学科では、3/19(土)のオープンキャンパスで、高校生の皆さんを模擬授業入門「日文科エキシビション」にお招きします。

芥川龍之介の「羅生門」は、国語の教科書に採用されることの多い作品です。高校の授業で読んだことがあるという方も、たくさんいらっしゃるでしょう。

その「羅生門」に日文科流にアプローチすると、どうなるか。

・本格的な近代文学研究の視点から
・声に出して心に響く話し方を学ぶ立場から
・図書館で本を手に取る人の気持ちを思いやる地平から

それぞれの専門の教員が、リレー式に日頃の講義の一端を披露します。日文科だからこそ可能になる、一つの作品を多様な角度から扱っていく楽しさを、ぜひ経験してみてください。

エキシビションの後には個別相談もどうぞ。お茶とお菓子もご用意して、お待ちしています。