音楽科の教育理念

 音楽科は創設以来40年を迎えた歴史に立脚し、現在と未来を俯瞰しながら、音楽の専門教育のみならず、幅広い教養教育や総合的な人間教育にも力を注ぎ、知的感性の涵養をはかります。

 教員は、活発な研究・演奏活動によって得た成果を学生に還元することにより、少人数教育のメリットを活かした徹底した学生指導を行います。その教育活動を通じて、学生には将来のライフデザインを自らが構築できるように、一人一人の教員が惜しみないサポートを行います。

 音楽の専門教育においては、各専攻分野それぞれにコース制を設け、専攻実技の個人レッスンを中心に、多岐にわたる科目を通じて能力を研鑽することを目指します。

 音楽を生涯の友とできる豊かな人間性を養うことにより、音楽界や社会に貢献できる人材を輩出できるようにすることが、最大の目標です。 

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)(PDF形式)
カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針)(PDF形式)
ディプロマポリシー(学位授与の方針)(PDF形式)