常短で”本当の自分”と出会い、
自分らしい将来をデザインすること。

50周年を迎えた「常葉大学短期大学部」

常葉大学短期大学部は、4つの学科(日本語日本文学科、英語英文科、保育科、音楽科)を有する県内唯一の総合短期大学として、50年の歴史を刻んできました。
そして、平成25年の4月、10学部・19学科の県内最大規模の総合大学「常葉大学」の短期大学部として新しくスタートし、編入や大学院への進学など、四年制学部との連携をこれまで以上に強めると同時に、50周年を迎えた常短の伝統を守り、小規模の短大ならではの家庭的な雰囲気、教員・職員と学生との距離の近さで、きめ細かな教育を行います。個性と可能性を最大限引き出すface to faceの指導にご期待ください。そして常葉学園はこの度、JR草薙駅北口徒歩4分の国道1号線沿いの土地1万3千坪を取得しました。新校舎は、平成30年4月に完成を予定しています。
これにともない、短大部 日本語日本文学科、英語英文科、保育科の3科は、平成30年4月より草薙駅新校舎へ移転する予定です。また音楽科は平成30年に瀬名校舎に移転する予定です。50周年を迎え、常葉学園短期大学部は益々発展をしていきます。

短大は「高校と大学」「高校と社会」の連結機関

企業や社会が求めているのは、資格を多く持った人ではありません。仕事への情熱、職場や社会におけるコミュニケーション能力、希望以外の仕事にもきちんと取り組める力なども求めています。本学はそこに注目し、在学中に様々なことを経験させています。短大は、生きて行く上で必要となる「社会性」を身につける場所。2年間で自分を見つめ、やりたい事を探し、最初の一歩を踏み出す場所です。もちろん、わずか2年で人生の目標探しが完結するわけではありません。私たちは良い ”つなぎ” になりたいと考えています。短大は「高校と大学」あるいは「高校と社会」の連結機関。あなたの将来を見つけに来て下さい。

「2年」を基準に多彩で豊かな未来をプラス

本学では、自分らしい人生を描き実現していく「ライフデザイン」教育を伝統としています。研究者である前に「教育者である」と自負する教員や職員が一丸となって、学生一人ひとりと向き合い、日々の色々な場面で指導。高校卒業を控えてまだ明確な目標がないと言う人は、まず2年間、本学で学んで下さい。あなたらしい目標が必ず見つかります。夢がある人もその夢の実現のために、ぜひ本学で学んで下さい。あなたの夢をもっと素敵なものに進化させます。就職希望を叶える「進路支援」、もっと勉強したいという意欲に応える「専攻科」、新生常葉大学への「特別編入」や他大学への「編入」、「留学」など、様々な選択肢を用意しています。

 

 

木宮学長
常葉大学短期大学部 学長
木宮 健二