グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



【公開レッスン】7/5(木)アレクサンダー・テクニーク公開レッスンのお知らせ


ホーム > NEWS&TOPICS > 【公開レッスン】7/5(木)アレクサンダー・テクニーク公開レッスンのお知らせ

常葉大学短期大学部音楽科では、バジル・クリッツァー先生と嶋村順子先生をお招きして、アレクサンダー・テクニークの公開レッスンを開催致します。是非、この機会に足をお運びください。

開催案内

2018年7月5日(木曜日)
本学232教室 16時45分〜18時15分
常葉大学短期大学部(静岡市葵区瀬名2-2-1)TEL:054-261-1313
  • 聴講料無料
  • 駐車場はございません。公共交通機関でのご来場をお願いいたします。

バジル・クリッツァー先生 プロフィール

沖縄県立芸術大学非常勤講師。尚美ミュージックカレッジ特別講師。BodyChance 所属アレクサンダー・テクニーク教師 。フォルクヴァング芸術大学 ( ドイツ ) ホルン科卒業。在学中、極度の腰痛とあがり症に悩み、それを乗り越 えるためにアレクサンダー・クテニークを学び始める。これまで東京藝大、上海オーケストラアカデミー、大阪音大、 昭和音大はじめ各地の教育機関で教えている。著書多数。香港生まれ日本育ちのアメリカ人。

2008年、エッセン・フォルクヴァング芸術大学卒業。在学中、ケルン室内歌劇団などで客演。日本に帰国後、名古屋フィルハーモニー交響楽団、テレマン室内オーケストラ、奈良フィルハーモニー管弦楽団、アンサンブル神戸、 あさがおブラスクインテット、宝塚歌劇場管弦楽団、ウィンドアンサンブル奏、オーケストラ華夏などで客演。その他には、京都祝祭管弦楽団第4回定期演奏会にて吉永雅人 ( 新日フィル ) 氏、水無瀬一成 ( 京都市交響楽団 ) 氏ら とシューマンのコンチェルト シュテュックをソリストとして共演。Primo Passo Orchestra の定期演奏会にてモーツァルト作曲ホルン協奏曲第3番を演奏。山口潤・山口明・伊藤数仁 ( 大阪市音ウィンドオーケストラ )、蒲生絢子 (大阪フィルハーモニー交響楽団 )、中西順(大阪交響楽団氏らと共に「NDNホルンアンサンブル」に所属。ホルンをこれまで、逢坂知訓 (元京都市交響楽団 )、小山亮 ( 元京都市交響楽団 )、フランク・ロイド ( エッセンフォルクワング芸大教授、国際ホルン協会会長、フィリップ・ジョーンズ・ブラスアンサンブル )、ピップ・イーストップ ( ロンドン・シンフォニエッタ他 )、ルネー・アレン ( 元マインツ交響楽団他 )、ウルフリード・トゥーレ ( 元チューリッヒ交響楽団副首席ホルン奏者 )、アレン・スパンジャー ( ニューヨークフィルハーモニック・ホルン奏者 ) の各氏に師事。

嶋村順子先生 プロフィール

武蔵野音楽大学フルート科を首席で卒業。同大学卒業演奏会及び新人演奏会出演。NHK洋楽オーディションに合格し、NHK・FM放送音楽番組に出演。練馬文化センター新人オーディション合格、推薦演奏会出演。その他、東京を中心にソロ、室内楽奏者として日本各地の演奏会に出演。サントリー小ホール、浜離宮朝日ホール、津田ホール他でフルートオーケストラや、室内楽メンバーとして出演。三浦由美、吉田雅夫、播 博、ローラント・コヴァーチ、 酒井秀明の各氏に師事。2006年浜松国際管楽器アカデミー(マスタークラス)においてロンドン交響楽団首席奏者ギャ レス・デイヴィス氏のクラスに参加し、講師推薦プレミアムコンサートに出演。フルート講師としては、音楽教室講師、 日本各地の小中高等学校吹奏楽部の指導、1995年から 2006年まで静岡県立浜松江之島高校芸術科非常勤講師として、 長く後進の指導に当たる。2006年よりアレクサンダー・テクニークの学校 BODY CHANCE 教師養成コースでアレクサンダー・テクニーク(より良い心と身体の使いかた)及びボディ・マッピング(身体の地図作り)を学び、ジェレミー・チャンス、キャシー・マデン、グレッグ・ホールダウェイ、ローザ・ルイザ・ロッシ、トミー・トンプソン、ヴィヴィア ン・マッキーなどの各氏に指導を受ける。無駄な緊張に気づき、それをやめていくことで演奏などのパフォーマンス や日常生活の動きの質を向上させ、楽にすることに役立つ心身の使い方を探究中。また、アレクサンダー・テクニークを生かしたフルートレッスンを行っている。現在、BodyChacne アレクサンダー・テクニーク教師養成コース担当教師。

ページの先頭へ戻る