グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ワークショップ「人権×リーディングカフェin常葉短大2020」を開催しました/日本語日本文学科


ホーム > NEWS&TOPICS > ワークショップ「人権×リーディングカフェin常葉短大2020」を開催しました/日本語日本文学科

1月10日(金曜日)、日本語日本文学科では、SPAC静岡県舞台芸術センターをはじめ、国内のみならず海外でも活躍中の舞台俳優・奥野晃士氏を迎えてのワークショップ「人権×リーディングカフェin常葉短大2020」を開催しました。これは、舞台の脚本を通して音声表現について学ぶとともに、作品に描かれた人々の姿を通じ、人権について考えるきっかけを作ろうと、静岡県人権地域改善推進会の協力を得て行われたものです。当日は、アナウンス入門を受講している1年生を中心に約40人が参加し、静岡大空襲を題材とした奥野氏のオリジナル脚本である『それでも歌声は消えなかった』(戸崎裕子 伝)を声に出して読むことで、作品への理解を深めました。

ページの先頭へ戻る