グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



「コピーライティング」特別講義を開催しました/日本語日本文学科


ホーム > NEWS&TOPICS > 「コピーライティング」特別講義を開催しました/日本語日本文学科

10月8日(金曜日)、日本語日本文学科では、現役コピーライターとして静岡県内を中心に活躍する片桐義晴氏を講師に迎え、「コピーライティング」特別講義を開催しました。キャッチコピーの制作過程や手法を学ぶことで、プレゼンテーションにおける効果的な言葉選びに繋げようと、毎年この時期に開催している特別講義は、今年で10回目を迎えました。当日は、「プレゼンテーション演習Ⅰ」(担当:宮本淳子准教授)の受講生が参加し、コピーライティングの基本的な考え方や作る際に重視するポイントなどについて、実際に片桐氏が手掛けた作品を例に解説して頂きました。また、静岡コピーライターズクラブが主催する「第12回SCCしずおかコピー大賞」への応募を見据え、各自でキャッチコピー作りに挑戦する時間も設けられ、創作意欲への刺激あふれる有意義な時間となりました。


ページの先頭へ戻る