グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



櫻田愛香さん(1年)がガールスカウト「B-Pアワード」を受賞しました/日本語日本文学科


ホーム > NEWS&TOPICS > 櫻田愛香さん(1年)がガールスカウト「B-Pアワード」を受賞しました/日本語日本文学科

日本語日本文学科1年の櫻田愛香さん(ガールスカウト静岡県連盟第31団所属)が、公益社団法人ガールスカウト日本連盟より、「地域に根差した人への貢献」が特に優れているプロジェクトを称える「2021年度B-Pアワード」を受賞しました。今年度の受賞者は全国で6名(うち静岡県1名)でした。
櫻田さんは、昨年度、コロナ禍において「2020年の私にできること ガールスカウトの力でコロナに負けるな」と題したプロジェクトを企画し、新型コロナウイルス感染症対策に必要な簡易マスクを制作し、近隣団に作り方を広め、公共施設に配布する活動を行いました。そして、マスクづくりで得たネットワークを活用し、多くの仲間と七夕飾りを作り、地域の公共施設の壁一面に飾る活動も展開し、メディアにも取り上げられました。
今回の受賞は、自身の経験や得意なことを活かし、地域社会に明るい話題をもたらしたことが高く評価されたもので、ガールスカウト100周年記念セレモニー(令和3年10月オンライン開催)で行われた表彰式では、秋篠宮佳子内親王殿下よりお祝いの言葉が贈られました。
また、12月17日には、櫻田さんをはじめ、ガールスカウト静岡県連盟長・山口恊子さんとガールスカウト静岡31団指導者・青木あゆみさんが江藤秀一学長と小田寛人副学長を表敬訪問し、受賞の喜びとこれまでの活動について報告しました。

※B-Pとは、ガールスカウトのモットーである「そなえよつねに(Be Prepared)」の頭文字を表したものです。


ページの先頭へ戻る