グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



新野将之先生による打楽器公開レッスンのお知らせ


ホーム > NEWS&TOPICS > 新野将之先生による打楽器公開レッスンのお知らせ

常葉大学短期大学部音楽科では、打楽器奏者・新野将之先生による公開レッスンを開催致します。是非、この機会に足をお運びください。 (聴講無料・申込不要)
※新しい生活様式に遵守してご来校ください。
※当日37.5度以上の方は聴講をお断りさせて頂きます。
※若干の駐車場のご用意があります。
日時 2022年1月13日(木曜日)16時45分〜18時15分
場所 常葉大学短期大学部 静岡瀬名キャンパス3302教室
聴講料 無料
お問い合わせ 常葉大学短期大学部音楽科
〒420-0911 静岡県静岡市瀬名1-22-1 静岡瀬名キャンパス
TEL:054-263-1125 FAX:054-263-2750
Email:s-ongaku(@を挿入)tokoha-jc.ac.jp
講座内容
1.『打楽器3重奏』
杉本能:Gradational Tears
演奏: 安藤真太朗、小澤萌伽、後藤天翔

2.『小太鼓ソロ』
Gerassimez , Alexej - Asventuras for Solo Snare Drum
演奏: 小澤萌伽

3.『新野将之先生によるワークショップ』

4.『新野将之先生ミニコンサート』

(画像クリックで拡大します)

新野将之⽒ プロフィール

埼⽟県出⾝。国⽴⾳楽⼤学打楽器科を⾸席で卒業し⽮⽥部賞を受賞。第 81 回読売新⼈演奏会に出演。
PAS 国際打楽器コンクール(イタリア)、Jeju ⾦管打楽器国際コンクール(韓国)、⽇本国際打楽器コンクールにおいていずれも最⾼位を受賞。業界でも珍しいスネアドラムに特化したデビューアルバム「スネアは唸り、そして⾶翔する」は各雑誌や新聞に取り上げられ話題となった。ソロを始め、オーケストラ、吹奏楽、室内楽、ミュージカルなど幅広いフィールドで活動しており、これまでに数多くのコンサート、レコーディングに参加している。クラシック⾳楽にとどまらず、朗読やパントマイムなど様々なジャンルの芸術を取り⼊れた独創性あふれるステージを展開しており、テレビ朝⽇「あいつ今、何してる?」やラジオ番組「呼吸するクラシック」等のメディアにも度々出演している。⽶国 HoneyRock 社から出版されている⾃作曲「蠢」が第 17 回イタリア国際打楽器コンクールの課題曲に選ばれる。また、同コンクールの審査員を務めるなどその活動は国内外で認められている。吹奏楽団「HeartsWinds」、パーカッショングループ「PHONIXReflection」、パーカッションデュオ「Ninonina」、ファミリーコンサート企画「トコトントン」に所属。BlackSwampPercussion、ThunderboltPercussionエンドーサーアーティスト。東京コンサーツ所属。
地域創造公共ホール活性化事業登録アーティスト。東京⾳楽学院講師。

新野将之先生公開による公開レッスン チラシのダウンロード

ページの先頭へ戻る