グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



「HeARTful Concert 2022」で「詩の朗読」を行いました/日本語日本文学科


ホーム > NEWS&TOPICS > 「HeARTful Concert 2022」で「詩の朗読」を行いました/日本語日本文学科

7月2日(土曜日)、日本語日本文学科の学生14人(1年生10人・2年生4人)が、グランシップ小ホール(静岡市駿河区)で開催された静岡県人権・地域改善推進会主催「HeARTful Concert 2022」内で「詩の朗読」を行いました。
コンサートでは静岡吹奏楽団による演奏が行われ、数々の名曲や人気歌謡曲の吹奏楽版が披露されました。
そして、ロシアの侵攻により被害が広がるウクライナへの祈りを込め、ウクライナの国花を曲名とした「ひまわり」の調べにのせて、日本語日本文学科の学生らが谷川俊太郎の詩「生きる」を朗読しました。
曲のリズムに合わせての朗読は想像以上に難しく、練習は大変だったものの、本番では練習の成果が発揮され、息の合った朗読を披露することができました。
これは、日本語の音声表現(アナウンス・スピーチなど)の学びを活かす場を設けようと、日文科の専門科目の一つであるワークショップとして企画されたもので、コンサートを主催する静岡県人権・地域改善推進会のご協力により実施されました。


ページの先頭へ戻る