グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



吉永哲道先生 ピアノ公開レッスン開催のお知らせ(12月1日開催)


ホーム > NEWS&TOPICS > 吉永哲道先生 ピアノ公開レッスン開催のお知らせ(12月1日開催)

常葉大学短期大学部音楽科では、吉永哲道先生(ヤマハマスタークラス講師)によるピアノ公開レッスンを開催致します。
聴講をご希望される方は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。
日   時 2022年12月1日(木曜日)16時45分~18時15分
場   所 常葉大学短期大学部 静岡瀬名キャンパス3302教室
聴 講 料 無 料
お問い合わせ 常葉大学短期大学部音楽科
〒420-0911 静岡県静岡市瀬名1-22-1 静岡瀬名キャンパス
TEL:054-263-1125 FAX:054-263-2750
Email:s-ongaku(@を挿入)tokoha-jc.ac.jp
※若干の駐車場のご用意があります。ご希望の方はお問い合わせください。
受講曲&受講生
1. A.アレンスキー:組曲 第2番「シルエット」作品23より 第4曲 夢見る人
 第1ピアノ 吉田 悠華(専攻科音楽専攻1年)
 第2ピアノ 野田 美礼(専攻科音楽専攻1年)

2. J.S.バッハ:半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 BWV 903
 丸山 茜(専攻科音楽専攻2年)

(画像クリックで拡大します)

新型コロナウイルス感染拡大予防について
新しい生活様式の遵守をお願い致します。(消毒、マスク着用、咳エチケット、大きな声での会話等)
※クラシック音楽公演における新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドラインを参考にしています。
吉永哲道先生 プロフィール
1978年愛知県生まれ。4歳からヤマハ⾳楽教室にてピアノを始め、ヤマハマスタークラス及び菊⾥高等学校⾳楽科を経てモスクワ国立⾳楽院へ留学、同⾳楽院本科を卒業、⾳楽院⼤学院を修了。本科卒業時には、⾳楽院⼤ホールにて⾏われた卒業演奏会に成績優秀者として抜擢され出演した。ロシアのピアニズムを徹底的に学んだ演奏は、静寂の⽔面に滴る⽔のように、彼の⾳は波紋を広げる。それでいてどんなフォルティシモでも、ピアニシモが聴こえてくる』とも評され、多くの専⾨家から⾼い評価を得ている。
1994年、Bunkamuraオーチャードホールにて故ムスティスラフ・ ロストロポーヴィチ指揮、ナショナル交響楽団とベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を演奏した他、モスクワ国⽴交響楽団、ロシア国⽴サマーラ交響楽団、セントラル愛知交響楽団等と共演を⾏なっている。
2008年、第1回ショスタコーヴィチ国際室内楽・ピアノデュオコンクールにピアノトリオで参加しディプロマ、第14回アンドラ国際ピアノコンクールにて第5位及び特別賞(スペイン⼈作曲家作品最優秀演奏賞)を受賞。また2016年には、第2回ロシア声楽コンクールにて最優秀伴奏者賞を受賞した。
これまでに、ピアノを⽥中須美⼦、内藤江美、江⼝文子、國谷尊之、浦壁信二、ピャトラス・ゲヌーシャス、マクシム・フィリッポフ、ダリヤ・ペトローヴァ、故ヴェラ・ゴルノスタエヴァ、⼤野眞嗣各氏に、伴奏法をマルガリータ・クラフチェンコに、室内楽をニーナ・コーガンに師事。
ヤマハマスタークラス講師、洗足学園⾳楽⼤学⾮常勤講師、桐朋学園⼤学⼤学院嘱託演奏員。愛知ロシア⾳楽研究会会員。

オフィシャルウェブサイト《https://www.tetsumichi.jp/

ページの先頭へ戻る