日本語日本文学科の教職員一覧

小長井邦男 中村国男 瀬戸宏太 巻口 勇一郎
小野田貴夫 宮本淳子 中野直樹

小長井 邦男(KONAGAI Kunio)教授

小長井邦男 略歴
静岡大学教育学部

静岡市内小学校教諭、静岡市教育委員会指導主事・管理主事、静岡市内小学校教頭、島田市内小学校校長、静岡市教育委員会学校教育課参事・課長、静岡市内小学校校長
学位
教育学士
専門・研究テーマ
主な著書
『Q&A 学校管理・運営の法律実務「公務災害・通勤災害」の解説』
主な論文
担当科目
「教育学概論」「教師論」
「教職実践演習」「生徒指導」
「くらしと教育」

中村 国男(NAKAMURA Kunio)教授

中村 国男 略歴
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
高等学校で38年間教鞭を執る
学位
学士
専門・研究テーマ
近代文学、日本・中国の詩歌
主な論文
「学校図書館が教科と結びつくための条件」学校図書館昭和59年7月号・全国学校図書館協議会
「歴史的背景の下調べ学習」実践国語教育情報昭和60年10月号・教育出版センター
「図書館利用による古文発表学習」新しい授業の工夫20選・大修館書店
「三浦哲郎『石段』をどう読むか」月刊国語教育平成元年6月号・東京法令出版
担当科目
創作の心理、歌謡と詩歌、文章と文体 など

瀬戸 宏太(SETO Kouta)准教授

瀬戸 宏太 略歴
東京大学文学部、東京大学大学院人文科学研究科国語国文学専攻
学位
文学修士
専門・研究テーマ
中古文学
主な論文
「源氏物語の薫香-未摘花と紫上をめぐって-」
「栄華の質-藤裏葉巻の達成と展開-」
「歌の重さ-和泉式部日記の姿勢-」
「石上中納言-竹取物語の五人の求婚者と帝の登場-」
「方法としての日記-土佐日記の歌と時間-」
「HTMLから見た日本文学研究-源氏物語の例を中心に-」
「現代人の教養としての源氏物語-その作中の〈論〉をめぐって-」
「二つの薬-竹取物語の収束力-」(平成18年6月
「国文学研究の新しい形2 HTML利用の意味」(平成19年5月)
「埋もれた歌 ―源氏物語の桐壺更衣と葵上をめぐって―」(平成24年3月)
担当科目
日本文学概説、作家と時代、日本文学国際演習 など

巻口 勇一郎(MAKIGUCHI Yuichiro)准教授

巻口 勇一郎 略歴
立命館大学卒業、立命館大学大学院社会学研究科博士後期課程修了 
立命館大学産業社会学部助手(3年任期制)、放送大学全科生(2011年、沖縄センター)
立命館大学、常葉学園大学、日本大学、静岡県立大学国際関係学部等非常勤講師、
日本トランスパーソナル心理学・精神医学会監事理事、論文審査委員、大会長を経験
学位
博士(社会学)
専門・研究テーマ
社会学(社会学理論、宗教社会学、社会病理学、持続可能な社会)、トランスパーソナル心理学・精神医学(無意識と身体技法、解離性障害研究)
主な業績
受賞学術賞「日本社会学史学会奨励賞受賞(単著)」2005(富永健一会長)
著書『デュルケム理論と法社会学』第四巻 日本法社会学会理事宮澤節生編(出版助成による・公募) 2004 信山社
『黒焦げの水筒』イエリン著、共訳 2010 三修社
学会論文等「復原法を通じた道徳的秩序の再構築」『社会学評論』2004、日本社会学会
「現代社会における秩序再建の鍵としての真実の非日常体験」『社会学史研究』2006
「無意識より沸きあがる集合力による共同意識形成-デュルケム、ヴェーバー、ルーマン、ユングにおけるトランスパーソナルな心理と社会」『トランスパーソナル心理学・精神医学』2008、ほか学会論文1本(2010年)など。
雑文「公開叱責という「暴力」、言葉は分裂を促す同調圧力・・ルーマン理論より」パワハラ2011、HP。モットー:研究と教育は互いに片翼(研究していなければ新しい面白い内容を講義できない、自分で考えることを示せない・学会論文は必須の外部評価である)、研究の価値は研究をすればわかる、多文化共生(得意分野を互いに認める)、伸びる企業は部下への強制命令からモチベーションを高めるマネジメントへ、
担当科目
社会学概論、社会学特論、社会学a、社会統計情報論、哲学と人生、英語圏の文化と言葉
ブログ等

小野田 貴夫(ONODA Takao)准教授・科長

小野田 貴夫 略歴
信州大学人文学部、信州大学大学院人文科学研究科修士課程
大阪府立大学大学院博士課程後期人間文化学研究科社会行動文化(単位取得満期退学)
学位
文学修士
専門・研究テーマ
近代文学・言語学
主な論文
「高齢者の語り=話の特徴を理解するために」
「子どもの認識様式と児童文学-宮澤賢治『いてふの実』を資料として-」
「高齢者とヘルパー/ケアマネとの会話の特徴について」
「『注文の多い料理店』の幻想に入るための過程」
「高齢者とヘルパーとの会話の特徴」
『注文の多い料理店』のリアリティー―『発達障害当事者研究』から見た物語―
(2010)
「高齢者-ヘルパー」と「高齢者‐ケアマネ」の言葉の比較(2010)
発話量の推移からみた認知症高齢者とホームヘルパーとの会話(2012)
担当科目
福祉と言葉、言語文化入門、言葉のきまり など

宮本 淳子(MIYAMOTO Junko)講師

宮本 淳子 略歴
2000年 明治大学文学部文学科 卒業
2000年4月 株式会社 和歌山放送 入社 アナウンサーとして番組制作に従事。
2006年9月 株式会社和歌山放送 退社
2007年4月 K-MIX 静岡エフエム放送株式会社 入社 パーソナリティとして番組制作に従事。
2012年3月 K-MIX 静岡エフエム放送株式会社 退社
2012年4月 常葉大学短期大学部 日本語日本文学科 着任
学位
学士
専門・研究テーマ
コミュニケーション論(コミュニケーション分析)
主な論文
二者間の会話における時間軸移動によるテーマ展開について (2012)
回想を含む絵本の特徴~時空的「行って帰る」物語の観点から(2013)
発話頭の「は」が生み出す「共話」~配慮の二面性の解明を目指して(2013)
「話し言葉」を用いた原稿作成によるスピーチ教育の有効性(2014)
協調性を反映した言語的手段の広がり〜発話頭のハに注目して〜(2016)
担当科目
卒業研究、(ライフデザイン総合セミナー)、話す技術
地域リファイン演習、プレゼンテーション演習Ⅰ、児童文学
現代文書B、地域リファイン演習、プレゼンテーション演習Ⅰ
アナウンス入門、インターンシップⅠ・Ⅱ

中野直樹(NAOKI Nakano)助教

中野直樹 略歴
京都府立大学文学部
大阪大学大学院文学研究科文化表現論国語学専門分野
学位
博士(文学)
専門・研究テーマ
国語学
主な論文
京都大学大学院文学研究科図書館蔵『字鏡抄無名字書』と『東宮切韻』
天文本字鏡鈔乙部の本文について
日本語史資料として見た岩屋寺蔵『高僧傳』(共著)
岩屋寺蔵『高僧傳』における鼻音韻尾の表記とその加点態度について
担当科目
現代文書A
言葉と生活
国文学演習2