グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



各専攻とコースについて


ホーム > 音楽科 > 高校生の皆さんへ > 各専攻とコースについて

専攻

次の5つの専攻があります。
1年次期末試験の際、他の専攻に変更するチャンスがあります。
例えば知識を学ぶつもりで総合音楽専攻で入学したけども、演奏を極めたくなったなど、入学後に気持ちが変化した場合にも、柔軟に対応できます。
作編曲専攻 演奏より、創作に興味がある人のために。
この専攻では、アーティストとしての活動に必要な楽曲アレンジや作曲の基本を学び、作編曲に必要な知識や技術を身につけます。
声楽専攻 演奏能力を伸ばし、卒業後は演奏活動を続けていきたい人や、音楽教室の講師など、指導に当たりたい人のために。
経験豊かな講師陣が、個々の学生にあわせて指導する個人実技レッスンを通して演奏技術や表現方法を教え、学生は自らの演奏表現を磨いていきます。
ピアノ専攻
管弦打楽器専攻
総合音楽専攻 音楽に関する様々な知識を身に付けたい人のために。
音楽や一般の知識を広げ、ウェディングやコンサートのプランナーなど、音楽の知識を活かして就職したり、週末を音楽で楽しんだりできる生き方をサポート。
個人実技レッスンはありませんが、アンサンブルには参加できます。

コース

「声楽専攻」「ピアノ専攻」「管弦打専攻」の3つには、それぞれ「演奏コース」と「専門コース」に分かれています。
入試合格の段階では、全員「専門コース」です。入学後に演奏コースにチャレンジする試験があり、また、1年次期末試験の際にもチャンスがあります。

コース

コース

コース

ページの先頭へ戻る