グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



非常勤講師(管弦打楽器)


ホーム > 音楽科 > 教員一覧 > 非常勤講師(管弦打楽器)

管弦打

ヴェンツェル・フックス(Cl)FUCHS Wenzel

1963年、オーストリア・インスブルック(Innsbruck)生まれ。1993年よりベルリンフィルハーモニー管弦楽団ソロ・クラリネット奏者。


音楽愛好家庭に生まれ育ち、幼い頃からすでにさまざまな管楽器編成でクラリネットを吹いていた。
最初にキッツビュールとインスブルックでクラリネットを学んだ後、ウィーン音楽大学に入学、そこでウィーンフィルのエキストラとして出演する機会を得た。
クラリネット奏者としてのスタートは、ウィーン・フォルクスオパーオーケストラのソロ奏者として。その後、ORF(オーストリア放送交響楽団)に移り、1933年にベルリンフィルハーモニー管弦楽団に移籍した。
オーケストラでの仕事と並んで、ソリストとして、また室内楽団員としても演奏し、とりわけベルリンフィルハーモニーの管楽アンサンブル、管楽器ゾリステン、八重奏団、フィルハーモニー・フロインデ・ウィーン-ベルリンでの演奏は評価が高い。更に、ベルリンフィルハーモニーのオーケストラ・アカデミーで教鞭をとり、2008年10月からは、ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学教授、くらしき作陽大学音楽学部の客員教授、上海音楽学院の名誉教授であり、世界規模でマスターコースを持っている。


小山 昭雄(Fg・室内楽)KOYAMA Akio

ファゴット奏者。デトモルト国立音楽大学首席卒業。78年〜86年ダルムシュタット国立歌劇場オーケストラ、86〜95年シュツットガルト国立歌劇場オーケストラ首席奏者。サイトウキネンオーケストラ首席奏者。79年アンコナ国際音楽コンクール入賞、81年プラハの春国際音楽コンクール特別名誉賞受賞。88年天皇皇后両陛下、皇太子殿下妃殿下の御前演奏。リヨン国立高等音楽院、ブルーノ国立音楽大学、ルーマニア国立音楽大学、ハエン国立音楽院、グラナダ音楽院客員教授、ドイツ国立音楽大学最高位教授を経て、現在天津ジュリアード音楽院教授、洗足学園大学音楽学部客員教授、常葉大学短期大学部音楽科客員教授。

小田桐寛之(Tb)ODAGIRI Hiroyuki

東京都交響楽団首席トロンボーン奏者、東京トロンボーン四重奏団、東京メトロポリタン・ブラス・クインテット、東京メトロポリタン・トロンボーン・カルテット。洗足学園大学教授、国立音楽大学客員教授、昭和音楽大学客員教授、札幌大谷大学芸術学部音楽科客員講師、名古屋音楽大学客員教授、大阪芸術大学客員教授、日本トロンボーン協会会長。

三浦 徹(Euph・室内楽)MIURA Toru

東京芸術大学卒。安宅賞受賞。ユーフォニアムと吹奏楽の研鑽のため渡米留学。南ミシシッピー大学大学院修了、イーストマン音楽学校に学ぶ。イーストマン・ウィンド・アンサンブルの首席奏者として活躍。帰国後、東京佼成ウィンド・オーケストラのユーフォニアム奏者として活躍。東京バリ・テューバ・アンサンブル、ユーフォニアム・カムパニーを創設、教育やアンサンブル活動を通じて、多くの若手を育成し才能を開花させた。国際大会にも数多く招待され、リサイタル、クリニックやコンテストの審査を務める。吹奏楽の指導者として、故フレデリック・フェネルとドナルド・ハンズバーガーの薫陶を最も強く受けている音楽家の一人。現在、国立音楽大学招聘教授、日本吹奏楽指導者協会常任理事国際交流委員、日本管打・吹奏楽学会常任理事、国際テューバ・ユーフォニアム協会(ITEC)名誉顧問、元東京佼成ウィンド・オーケストラ団員、国際テューバ・ユーフォニアム協会(ITEA)よりLifeTime Achievement Award(功労賞)受賞。国立音楽大学招聘教授。常葉大学短期大学部音楽科客員教授。

土屋 史人(吹奏楽指導)TSUCHIYA Fumihito

浜松生まれ。東京コンセルヴァトアール尚美(現 尚美ミュージックカレッジ)専門、研究、ディプロマの各コースを卒業。在学中よりテューバ奏者としてオーケストラから室内楽まで様々な演奏活動を行った。特に東京金管五重奏団のメンバーとして活動したときは、年間100回以上の公演を日本全国で行う。後進指導は演奏とともに行ってきたが、1999年に浜松に居を戻し吹奏楽指導に専念。浜松聖星高等学校吹奏楽部、静岡文化芸術大学吹奏楽部の指導を中心に、浜松市内で多くの生徒、学生、社会人の指導に携わる。浜松市アクトシティ音楽院の講座においていくつかの指導講師も務めるほか、生涯学習としての音楽分野の確立、その受け皿づくりが急務であることを受け、行政、学校などの関係者に提言するほか、地域音楽指導者に対しても助言をするなど、地域音楽振興に尽力。2005年JBA(日本吹奏楽指導者協会)より吹奏楽優秀指導者賞を、2010年浜松市より浜松市教育文化奨励賞を受賞。(公財)音楽文化創造認定 A級生涯学習音楽指導員。(公社)日本吹奏楽指導者協会(JBA) 静岡県部会長。(NPO法人)浜松生涯学習音楽協議会副理事長。日本高等学校吹奏楽連盟常任理事。浜松市吹奏楽連盟副理事長。静岡県高等学校吹奏楽連盟西部支部理事。2019年4月より本学客員教授就任。

仲戸川智隆(Fl)NAKATOGAWA Tomotaka

東京芸術大学音楽学部卒業、同大学院修了。
神奈川県立湘南高等学校在学中に第4回かながわ学生音楽コンクール(現:かながわ音楽コンクール)管楽器部門県知事賞(総合第1位)受賞。第3回日本木管コンクール入選、第8回宝塚ベガコンクール木管部門入選。第1回湘南の音楽家オーディション合格。
「フルートオーケストラSHIZUOKA」、「伊豆高原フルート講習会」を主宰。
SBS学苑「音楽史よもやま話」講師。コンクールの審査員を多数務める。フルートアンサンブルならびにフルートオーケストラの指揮・編曲活動、曲目解説や西洋音楽史に関する執筆や講演、そして指導者として後進の育成など、活動の場を広げている。

古川はるな(Fl)FURUKAWA Haruna

静岡市出身。東京藝術大学音楽学部を同声会賞を得て卒業、同大学院音楽研究科修士課程、博士後期課程修了。ドビュッシーとフランス音楽の一連のリサイタルと論文により博士号取得。パリ・エコール・ノルマル音楽院高等演奏課程を審査員満場一致で修了。コンクール多数受賞、ソリストとして新日本フィルハーモニー、藝大フィルハーモニア、静岡交響楽団と共演、テレビ朝日「題名のない音楽会」、NHK ETV「花鳥風月堂」に出演。静岡県学生音楽コンクール審査員。

漆畑 孝亮(Ob)URUSHIBATA Kousuke

静岡東高校、武蔵野音楽大学を卒業後、スイス国立ベルン芸術大学大学院修士課程を修了。
カメラータベルン、ベルリン室内管弦楽団(旧西ベルリン)等に客演。静岡県文化財団 グランシップアウトリーチ登録アーティスト。
これまでに北島章、青山聖樹、インゴ・ゴリツキ、ハイメ・ゴンザレス、渡辺克也の各氏に師事。
中学・高校教員第一種免許所持。

塚本 陽子(Cl)TSUKAMOTO Yoko

国立音楽大学を首席で卒業。卒業時に武岡賞受賞。またNTTdocomoより奨学金を授与される。
東京ミュージック&メディアアーツ尚美ディプロマコース修了。
読売新人演奏会、東京文化会館新進音楽家デビューコンサート、静岡の名手たち等の演奏会に出演。文化庁/日本演奏連盟主催によりリサイタル開催。ソリストとして静岡交響楽団と協演。
現在、常葉大学短期大学部、浜松江之島高校、浜松学芸高校非常勤講師。静岡交響楽団団員。

長瀬 正典(Sax)NAGASE Masanori

東京藝術大学音楽学部器楽科卒業,静岡大学大学院教育学研究科修了。
大学在学中より数多くの演奏会に出演。2008年にはミラベル宮殿にて演奏。国内外で幅広い演奏活動の他,後進の指導にも力を注ぐ。
これまでに2枚のCD「Air サクソフォンとオルガンによるバッハ作品集」「Largo サクソフォンとオルガンによるバロック音楽作品集」をリリース。「Largo」はレコード芸術特選盤に選出された。
サクソフォンを岩本伸一、冨岡和男、須川展也、北山敦康の各氏に師事。

矢邉新太郎(Sax)YABE Shintaro

富士宮市出身。98年国立音楽大学器楽学科(サクソフォン)首席卒業。2000年静岡大学大学院修了、福利厚生後援会長賞受賞。同年ドイツ・ドルトムントにて行われた第1回ギュスターヴ・ブンケ国際サクソフォンコンクールにて特別賞受賞。
これまでに石渡悠史、下地啓二、服部吉之、北山敦康、須川展也、田中靖人、F・モレッティの各氏に師事。
現在、常葉大学短期大学部非常勤講師、常葉大学附属常葉高等学校・中学校吹奏楽部講師。

吉田  誠(Fg)YOSHIDA Makoto

東京芸術大学音楽学部器楽科Fg専攻卒業。三田平八郎氏に師事。創成期の静岡交響楽団のファゴット主席奏者。現在静岡県学生音楽コンクール管楽器部門審査委員、全日本クラシック音楽コンクール審査員、木管アンサンブルグループ「カプリチオ」指導者。

小島 光博(Tp)KOJIMA Mitsuhiro

武蔵野音楽大学、東京ミュージック&メディアアーツ尚美ディプロマコース卒業。
武蔵野音楽大学卒業演奏会、同大学岡山新人演奏会、広島県新人演奏会等に出演。
大仙市大曲新進演奏家コンクール弦管打楽器部門最高位受賞。
静岡交響楽団第一トランペット奏者、常葉大学短期大学部音楽科非常勤講師。
現在オーケストラ、ソロ、ミュージカル、室内楽等多方面で活動。

岩田 恵子(Tp)IWATA Keiko

 東京音楽大学卒業。在学中に第2回「静岡の名手たち」オーディションに合格。これまでに榊原達、飯塚一郎、H.P.シュー、ヒロ野口の各氏に師事。フリーランス奏者としてクラシック、ジャズ、ポップスなど様々な分野でレコーディングや演奏活動を行っている。作編曲家として国際テューバユーフォニアム協会(ITEC)にて楽曲を発表。CASA BRASS ENSEMBLE主宰、YouTubeなど常に新しい分野に挑戦している。

中川  忍(Hrn)NAKAGAWA Shinobu

国立音楽大学卒業。桐朋学園大学オーケストラ研究科修了。
大阪泰久、千葉 馨、安原正幸の各氏に師事。
第27回国際ホルンワークショップに参加、ルシアン・テヴェ氏のレッスンを受ける。
在学中より「祖堅方正ブラスアンサンブル」で演奏活動を始め、卒業と同時に仙台フィルハーモニー管弦楽団に入団しプロデビュー。
現在は、各地のオーケストラやアンサンブルで活躍している他、様々なコンクールの審査員を務めている。

星野 和音(Tb)HOSHINO Kazune

国立音楽大学卒業、桐朋学園大学研究科修了。
ヤマハ管楽器新人演奏会出演。第5回大阪ワークショップコンクール第2位入賞。第5回済州島ブラスコンペティションバストロンボーン部門第3位入賞。第29回日本管打楽器コンクールトロンボーン部門第2位入賞。
これまでにトロンボーンを、箱山芳樹、西岡基、桑田晃の各氏に師事。
常葉大学短期大学部音楽科及び常葉橘高等学校吹奏楽コース非常勤講師。
現在、静岡交響楽団バストロンボーン奏者。また首都圏のプロオーケストラ、吹奏楽団、ミュージカルでの演奏も精力的に行っている。

小久保まい(Euph)KOKUBO Mai

浜松市立高台中学、浜松市立高校、国立音楽大学卒業、ノーステキサス大学大学院修了。
第29回日本管打楽器コンクール最高位受賞。
ソリストとしてリサイタルを日本国内とアメリカ各地で開催、東京ニューシティ管弦楽団を含めたオーケストラや吹奏楽団、中高の吹奏楽部と多数共演。
ブレーン株式会社よりCD「不思議の国の戦争」を2015年に発表。
洗足学園音楽大学、金城学院大学、常葉大学短期大学部、常葉大学附属橘高校、浜松学芸高校、各非常勤講師。
これまでに、ブライアン・ボーマン博士、三浦徹、露木薫の各氏に師事。

山本 和邦(Tuba)YAMAMOTO Kazukuni

沖縄県立芸術大学を西銘順一賞を受賞し卒業。また、東京藝術大学大学院を大学院アカンサス音楽賞を受賞し修了。 
第14 回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディションにて優秀賞を受賞。第26回東京都練馬区新人演奏会オーディションにて最優秀賞を受賞。 
これまでに、チューバを足立正、稲嶺哲也、稲川榮一の各氏に師事。
静岡交響楽団契約団員、フィルハーモニックウインズ浜松団員、常葉大学短期大学部音楽科非常勤講師。

山本 晶子(Perc)YAMAMOTO Akiko

国立音楽大学、大学院ともに首席で卒業。卒業時に武岡賞、NTTドコモ奨学金、国立音楽大学研究奨学金授賞。
第19回日本管打楽器コンクール打楽器部門第1位受賞。
平成16年度文化庁新進芸術家海外研修制度1年派遣研修員として、ドイツ国立フライブルグ音楽大学に留学。
平成23年度静岡県島田市芸術文化奨励賞受賞。
常葉大学短期大学部音楽科、洗足学園音楽大学、常葉大学教育学部非常勤講師。パーカッショングループ「フラワービート」代表。

野津 如弘(指揮)NOZU Yukihiro

仙台生まれ。早大一文卒。東京藝大楽理科を経て、シベリウス音楽院指揮科修士課程を首席で修了。これまでにフィンランド放送響、トゥルク・フィル、クオピオ響、セイナヨキ室内管、ラ・テンペスタ室内管等のフィンランド主要オケ、また欧州各地でドイツ放送フィル、オーヴェルニュ室内管、サツ・マーレ響、トゥルグ・ムレシュ響、国内では日本フィル、群響、仙台フィル等に客演。吹奏楽の分野ではフィル浜に客演する他、バンドジャーナル誌にも多数執筆。

ページの先頭へ戻る