グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



スペインで開催された第2回リカルド・ビニェス・ユースピアノコンクールで審査をしました/小林秀子教授


ホーム > 教員広場 > スペインで開催された第2回リカルド・ビニェス・ユースピアノコンクールで審査をしました/小林秀子教授

6月27日(木曜日)から7月1日(月曜日)にスペイン、カタロニアのレイダ市で開催された、第2回リカルド・ビニェス・ユースピアノコンクールに於いて、短期大学部音楽科の小林秀子教授が審査員で参加しました。
リカルド・ビニェスはフランスで活躍しドビュッシー、ラヴェルのピアノ作品の初演者として歴史に名を残したスペインのピアニストです。スペイン、ドイツ、ウクライナ、ロシア、ラトヴィア、日本から若いピアニストが演奏を披露しました。


ページの先頭へ戻る